コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃青門弟独吟二十歌仙 とうせいもんていどくぎんにじっかせん

1件 の用語解説(桃青門弟独吟二十歌仙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうせいもんていどくぎんにじっかせん【桃青門弟独吟二十歌仙】

俳諧の連句集。桃青(芭蕉)編。1680年(延宝8)刊。2冊。追加を含め,杉風(さんぷう),卜尺(ぼくせき),卜宅(ぼくたく),嵐蘭(らんらん),嵐亭(嵐雪),螺舎(らしや)(其角(きかく))等,初期蕉門の俳人21名の独吟歌仙を収める。2年前に宗匠となった桃青の俳壇的評価を背景に,やがて1680年代(天和・貞享期)の過渡期に向かう新風を世に問うた野心的作品。ただし旧風の名残もあり,玉石混淆している。【乾 裕幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桃青門弟独吟二十歌仙の関連キーワード俳諧春の日冬の日枯尾華桃青忌俳諧師俳諧の連歌ひさご連俳立句

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone