コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃青門弟独吟二十歌仙 とうせいもんていどくぎんにじっかせん

1件 の用語解説(桃青門弟独吟二十歌仙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうせいもんていどくぎんにじっかせん【桃青門弟独吟二十歌仙】

俳諧の連句集。桃青(芭蕉)編。1680年(延宝8)刊。2冊。追加を含め,杉風(さんぷう),卜尺(ぼくせき),卜宅(ぼくたく),嵐蘭(らんらん),嵐亭(嵐雪),螺舎(らしや)(其角(きかく))等,初期蕉門の俳人21名の独吟歌仙を収める。2年前に宗匠となった桃青の俳壇的評価を背景に,やがて1680年代(天和・貞享期)の過渡期に向かう新風を世に問うた野心的作品。ただし旧風の名残もあり,玉石混淆している。【乾 裕幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

桃青門弟独吟二十歌仙の関連キーワード徳川家綱難波鉦徳川家綱句合SXGA+ワイドXGAなどイオン倉敷ショッピングセンター館林城淀川水系4ダム王時敏

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone