コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小河一敏 おごう かずとし

美術人名辞典の解説

小河一敏

勤王家。通称弥右衛門豊後国生。角田九華の門で朱子学陽明学を学ぶ。博学で弓馬剣槍及び詩歌文章・点茶挿花に至るまで、免許皆伝の腕前。宮内大丞、宮内権書記官、宮内省御用掛等を歴任した。著書に『皇政復古義挙録』等がある。明治19年(1886)歿、74才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小河一敏 おごう-かずとし

1813-1886 江戸後期-明治時代の武士,官僚。
文化10年1月21日生まれ。小河一順(かずのぶ)の養父。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩士。儒学,国学にすぐれ,藩の参政となるが,保守派と対立して失脚。文久2年京都で尊攘(そんじょう)派の挙兵をはかり失敗。新政府では堺県知事,宮内権書記官,宮内省御用掛などをつとめた。明治19年1月31日死去。74歳。初名は一崇。通称は弥右衛門。著作に「再囚私記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小河一敏

没年:明治19.1.31(1886)
生年:文化10.1.21(1813.2.21)
幕末の豊後岡藩(大分県)藩士,尊攘派志士。通称弥右衛門。儒・仏・国学に通じ,槍剣,詩歌も巧みだった。かねて京都の田中河内介と尊王を談じ,嘉永6(1853)年のペリー来航におよび北九州方面に遊説,真木和泉,平野国臣ら九州有志と結ぶ。文久2(1862)年「武士の八十宇治川の清き瀬のつきぬ流に名をやながさん」の歌を残し上坂,島津久光の上洛を機に挙兵を図るが,寺田屋の変で挫折。京都・摂津にあって,岩倉具視,大原重徳より時局を問われ書を呈している。維新後は内国事務局権判事,堺県知事,宮内省御用掛などを歴任。<著作>『王政復古義挙録』『鶏肋詩稿』『千引草百首』<参考文献>小河忠夫『小河一敏』

(三井美恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

小河一敏の関連キーワード高野直右衛門高崎善右衛門田近儀左衛門是枝柳右衛門寺田屋事件大分(県)田近陽一郎渡辺彦九郎清河八郎有馬新七広瀬重武轟武兵衛田部竜作後藤碩田明治時代中川久昭脱藩

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android