小河一順(読み)おごう かずのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小河一順 おごう-かずのぶ

1836-1872 幕末の武士。
天保(てんぽう)7年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩士。米良東嶠(めら-とうきょう)に漢学をまなぶ。小河一敏(かずとし)の養子となり,近習物頭兼廟役(びょうやく)をつとめた。養父を補佐して尊攘(そんじょう)運動をすすめ,藩論の統一につくした。明治2年岡藩小参事。明治5年6月死去。37歳。本姓長沢。通称は健助,六左衛門,結城。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android