コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小河一順 おごう かずのぶ

1件 の用語解説(小河一順の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小河一順 おごう-かずのぶ

1836-1872 幕末の武士。
天保(てんぽう)7年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩士。米良東嶠(めら-とうきょう)に漢学をまなぶ。小河一敏(かずとし)の養子となり,近習物頭兼廟役(びょうやく)をつとめた。養父を補佐して尊攘(そんじょう)運動をすすめ,藩論の統一につくした。明治2年岡藩小参事。明治5年6月死去。37歳。本姓は長沢。通称は健助,六左衛門,結城。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小河一順の関連キーワードニコライ郡内騒動天保の飢饉森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化テキサス併合浜田藩源氏節

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone