コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原忠雄 おがさわら ただかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原忠雄 おがさわら-ただかつ

1647-1725 江戸時代前期-中期の大名。
正保(しょうほ)4年5月20日生まれ。小笠原忠真(ただざね)の3男。寛文7年豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩主小笠原家2代となる。藩体制の整備強化を手がけ,11年弟真方(さねかた)を藩主にして分家小倉新田藩1万石を創設。父より小笠原流武家故実である糾方的伝をうけた。享保(きょうほう)10年6月28日死去。79歳。初名は長真(ながざね)。通称は弾正

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

小笠原忠雄 (おがさわらただたか)

生年月日:1647年5月20日
江戸時代前期;中期の大名
1725年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

小笠原忠雄の関連キーワード小笠原真方小笠原長胤小笠原忠基小笠原貞通生年月日土屋藍洲中期正保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android