コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原忠雄 おがさわら ただかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原忠雄 おがさわら-ただかつ

1647-1725 江戸時代前期-中期の大名。
正保(しょうほ)4年5月20日生まれ。小笠原忠真(ただざね)の3男。寛文7年豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩主小笠原家2代となる。藩体制の整備強化を手がけ,11年弟真方(さねかた)を藩主にして分家小倉新田藩1万石を創設。父より小笠原流武家故実である糾方的伝をうけた。享保(きょうほう)10年6月28日死去。79歳。初名は長真(ながざね)。通称は弾正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小笠原忠雄の関連キーワードカバリエリストーンフリース阿部正次マザニエッロ山之井宗因飯田玄仙河瀬菅雄河瀬菅雄

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone