コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永明王 えいめいおう Yŏng míng wáng

2件 の用語解説(永明王の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えいめいおう【永明王 Yŏng míng wáng】

1625‐62
中国,南明の遺王の一人。在位1647‐62年。桂王また永暦帝とも称する。姓名は朱由榔(しゆゆうろう)。神宗の孫で,父は桂王朱常瀛(じようえい)。農民反乱軍の張献忠が衡州(湖南省)を攻めたとき広西へ逃れ,父の死後,桂王をついだ。のち唐王が福州(福建省)で清軍に捕らえられると,丁魁楚,瞿式耜(くしきし)(1590‐1650)らによって肇慶(広東省)に擁立され,永暦と建元した。瞿式耜や李定国の勇戦で一時反清運動は勢力を盛りかえしたが,やがてビルマ(現ミャンマー)に逃れ,ビルマ人に捕らえられ,呉三桂率いる清軍に引き渡され殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永明王
えいめいおう
(1625―1662)

中国、南明(なんみん)の遺王。姓名は朱由榔(ゆうろう)。万暦帝の孫。父は桂王朱常瀛(じょうえい)。1643年、張献忠軍の攻撃に際し、父とともに湖南の衡(こう)州から広西に逃れ、父の死後、桂王を継いだ。南京(ナンキン)の福王朱由(ゆうしょう)、福州の唐王朱聿鍵(いっけん)など明の諸王による抗清(しん)政権が、清軍によって次々に滅ぼされたのち、両広総督丁魁楚(ていかいそ)、広西巡撫(じゅんぶ)瞿式耜(くしょくし)らに擁立されて、46年末に広西の肇慶(ちょうけい)で即位し、最後の南明皇帝となった。年号は永暦(1647~62)。広西の梧州(ごしゅう)、平楽、潯(じん)州、桂林(けいりん)、柳州や湖南の武岡(ぶこう)など各地を転々としつつ、桂林の瞿式耜軍を中心に清軍に対抗したが、50年桂林陥落後、貴州、雲南に逃れ、さらに59年ビルマ(現ミャンマー)に入った。62年ビルマ王によって清軍に引き渡され、雲南で絞首された。[岸本美緒]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の永明王の言及

【南明】より

…中国,明朝滅亡ののち,その遺王たちは江南各地で清朝に対抗したが,彼らが建てた政権を南明と総称する。三藩(福王朱由崧,唐王朱聿鍵(いつけん),永明王朱由榔),四藩(三藩に魯王朱以海を加える)と呼ばれることもある。李自成が北京を陥れ,崇禎帝が自殺して明朝が滅ぶと,明朝復興運動が相次いで起こった。…

※「永明王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

永明王の関連キーワード北海道新幹線王座王の鼻華夷四明の教法周公荘王斗南の一人尚賢王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone