コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原長国 おがさわら ながくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原長国 おがさわら-ながくに

1824-1877 江戸後期-明治時代の大名。
文政7年7月9日生まれ。信濃(しなの)(長野県)松本藩主松平光庸(みつつね)の次男。小笠原長和の養子となり,天保(てんぽう)12年肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)藩主小笠原家5代。文久2年養子の長行(ながみち)が幕府老中となったため維新期の藩政運営に苦労したが,藩論を統一して新政府に協力。明治10年4月24日死去。54歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小笠原長国の関連キーワード小笠原長行

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android