コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前葉体 ぜんようたい prothallium

翻訳|prothallium

6件 の用語解説(前葉体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前葉体
ぜんようたい
prothallium

原葉体ともいう。シダ植物の胞子が発芽して形成される植物体。これは有性世代すなわち配偶体であるので,造精器および造卵器を生じる。多くのシダ類では,前葉体は薄い1~2層の細胞から成る心臓形,横径数 mmないし 10mmの葉状であるが,スギナなどのものは多くの分岐をもち,ヒカゲノカズラ,ハナワラビなどのものは不規則な円筒状である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜんよう‐たい〔ゼンエフ‐〕【前葉体】

シダ植物の配偶体胞子の発芽したもので、ふつう緑色の平たい心臓形で大きさは約1センチ、裏面に造精器と造卵器をつける。扁平体。原葉体。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

前葉体【ぜんようたい】

原葉体,扁平体とも。シダ植物の配偶体。多くは大きさ1cm内外のハート形で中央部以外は1層の細胞からなり,葉緑体があって独立栄養を営む。前葉体は胞子が発芽,成熟したもので,裏面の下方に仮根と造精器,上方に造卵器ができ,受精が行われて,シダの幼植物となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんようたい【前葉体 prothallus】

シダ類の配偶体のうち,扁平な緑色の葉状をして独立生活を営むもの。多くは心臓形。シダの植物体(胞子体)の前世代のもので,葉状体のような構造をもつことからこの名がついた。コケシノブやシシランの仲間のように糸状や帯状のものなどもある。シダ類の配偶体にはハナヤスリカンザシワラビの仲間のように地中にあって棒状や塊状で葉緑体をもたず菌類を内生するものもあり,このようなものは前葉体といわないこともある。心臓形の前葉体では,中央部(褥(じよく))は厚さ数細胞,その他は1細胞である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぜんようたい【前葉体】

シダ植物の配偶体。胞子が発芽したもの。独立生活を営む心臓形をした緑色の小さな葉状体で、造卵器と造精器とを生ずる。原葉体。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前葉体
ぜんようたい

シダ植物の配偶体のことで、原葉体ともいう。前葉体は、胞子の発芽によって形成され、これから胞子体、すなわち葉が発生するので、前(原)葉体の名がある。大多数のシダ植物では、胞子が胞子体から離れたあとに発芽するので、前葉体は胞子体とは独立して生活することになる。少数の例外を除き、前葉体は地上生活をして、葉緑体を有し光合成を行う。前葉体は一般に短命で、次世代の胞子体がある程度成長すると枯死する。多くのシダ類の前葉体は薄いハート形で、通常、数ミリメートル程度の大きさであるが、リボン状、糸状のものもある(コケシノブ科、シシラン科)。
 一般的な前葉体(ハート形)のつくりは、次の七つの部分からなっている。(1)褥(じょく)(前葉体の中央部に位置し、数層の細胞からなり、生殖器を生じる部分)、(2)翼(よく)(褥の両側へ張り出した一層の細胞からなる部分)、(3)仮根(かこん)(前葉体の基部、および糸状体に生じる細長い細胞で、葉緑体を欠き、根と同様の機能をもつ)、(4)成長点(ハート形の凹部で、細胞分裂を繰り返す)、(5)糸状体(前葉体基部にある細胞が一列に並んだ部分)、(6)造卵器(褥の最厚部に生じ、葉緑体を欠く)、(7)造精器(褥の基部、翼上、または翼縁に生じ、葉緑体を欠く)。
 同型胞子シダの前葉体は、通常、雌雄同株(造卵器と造精器が同一の前葉体上に生ずるもの)であるが、トクサ科では雌雄異株のものもある。また、実験的培養下では、元来、雌雄同株のものでも、培養条件によって造精器のみを生じる前葉体ができることがある。マツバラン、ヒカゲノカズラ、ハナヤスリなどの前葉体は、塊状で葉緑体を欠き、菌根性で地中生活をするものが多い。異型胞子シダの前葉体は、著しく退化しており、雌性・雄性前葉体とも胞子の殻中で発達する。[安田啓祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の前葉体の言及

【シダ植物(羊歯植物)】より

…一般にシダ類といわれるものは真正シダ類fernで,シダ植物にはほかにマツバラン類psilotum,石松(せきしよう)類lycopod,トクサ類(有節類)horsetail(これらをひっくるめてfernalliesという)が含まれる。
[生活環]
 種子をつくらない維管束植物はすべて,生活史のうちに,独立の生活を営む胞子体の世代(ふつうにみられるシダの体)と配偶体の世代(前葉体)をもち,それらが交互に現れる規則正しい世代交代を行っている。胞子が発芽すると配偶体になるが,シダ植物のうちの多くのものでは,心臓形をしてせいぜいmm単位の大きさの前葉体と呼ばれる構造をもっている。…

【配偶体】より

…コケ植物の配偶体は目だちやすく,複雑な構造をもち,とくに蘚類や苔類の一部では茎葉の分化がみられる。シダ植物の配偶体は小型で,ゼンマイなどシダ類の心臓形をした葉状の配偶体は前葉体と呼ばれる。マツバランやヒカゲノカズラなどの配偶体は軸状または塊状で,ふつう葉緑体を欠き,体内に内生菌類をもち,腐生生活をする。…

※「前葉体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

前葉体の関連キーワードウミウチワ(海団扇)生卵器ソテツシダ類ダルス配偶体草杉蔓葉状茎造卵器ツノゴケ雌性配偶体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone