コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小舎人童 コドネリワラワ

デジタル大辞泉の解説

こどねり‐わらわ〔‐わらは〕【小舎童】

近衛(このえ)中将・少将が召し使った少年。また、公家・武家に仕えて雑用をつとめた少年。
「―ちひさくて髪いとうるはしきが」〈・五四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こどねりわらわ【小舎人童】

貴人の雑用係の少年。また、特に近衛の中将・少将が召し使った少年。 「頭中将の随身、その-をなむしるしにいひ侍りし/源氏 夕顔

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小舎人童の言及

【小舎人】より

…(3)公家・武家を問わず,貴人の身辺に侍し雑用をつとめた少年。〈小舎人童〉ともいう。平安時代に,主として近衛中将や少将が召し使い,牛車の前に立たせたりする例がよく知られている。…

【童】より

… 実際には児童の域を超えているにもかかわらず〈童形〉姿のままで生きた人々もいて,これもやはり童・童子と呼ばれた。牛車(ぎつしや)を扱った〈牛飼童(うしかいのわらわ)〉もその一例であるが,ほかには公家・武家に仕えた小舎人童(こどねりわらわ)も児童(少年)に限らず,さらには大寺院には〈稚児(ちご)〉とは別に,〈堂童子(どうどうじ)〉など〈童子〉と呼ばれる人々がおり,〈童形〉であった。また,京都の北,八瀬(やせ)の地には往古〈八瀬童子〉と称される集団があり,男女を分かたず長髪の〈童形〉姿であった。…

※「小舎人童」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小舎人童の関連キーワード和泉式部日記堤中納言物語世継の翁継ぎ継ぎ引き張る爽らか頭中将戯える小舎人某某馬副馬長

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android