コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菅孝蔵 こすが こうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小菅孝蔵 こすが-こうぞう

1829-1913 江戸後期-明治時代の医師。
文政12年生まれ。万延元年父の跡をつぎ近江(おうみ)犬上郡久徳村(滋賀県多賀町)で開業。明治3年男鬼(おおり)村(彦根市)で集団発生した腸チフスの治療にあたり,終息させる。のち郡医師会を創設。漢学を田中芹坡(きんぱ)にまなび,漢詩社をつくった。大正2年死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小菅孝蔵の関連キーワード明治時代