コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小西得郎 コニシトクロウ

デジタル大辞泉の解説

こにし‐とくろう〔‐トクラウ〕【小西得郎】

[1896~1977]プロ野球監督・解説者。東京の生まれ。昭和11年(1936)大東京の監督に就任。以後複数の球団の監督を務める。同30年から野球解説者として活躍した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小西得郎 こにし-とくろう

1896-1977 昭和時代のプロ野球監督,解説者。
明治29年7月10日生まれ。小西増太郎(ますたろう)の長男。明大時代は駿足(しゅんそく)の外野手。昭和11年のプロ野球創立時から大東京などの監督をつとめる。25年松竹ロビンス監督としてセリーグ優勝。解説者として「なんともうしましょうか」の小西節で知られた。昭和52年6月9日死去。80歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小西得郎の関連キーワードセントラル・リーグ都市対抗野球中沢 不二雄木下 華声志村正順

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android