コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小見山富恵 こみやま とみえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小見山富恵 こみやま-とみえ

1895-1986 大正-昭和時代の社会運動家。
明治28年11月7日生まれ。西尾末広らと大阪俸給生活者組合を結成。賀川豊彦のもとで「覚醒婦人」発行にかかわる。大正11年上京して「女性改造」の記者。山川均・菊栄夫妻の水曜会で知りあった高橋貞樹と結婚。昭和8年検挙され,10年出獄。戦後,広島県で共産党再建につくした。昭和61年4月18日死去。90歳。兵庫県出身。笠岡高女卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小見山富恵の言及

【高橋貞樹】より

…〈32年テーゼ〉反対を理由に獄中転向。妻の小見山富恵も左翼の活動家だった。【岩村 登志夫】。…

※「小見山富恵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小見山富恵の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android