コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小規模町村 しょうきぼちょうそん

1件 の用語解説(小規模町村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小規模町村
しょうきぼちょうそん

人口 5000人以下の町村。大部分が過疎,山村,離島地域にあることから,他の市町村と合併もできず,地域振興にも有効な手だてがなく,若年人口の流出が続いている。総務省は地方制度調査会の答申 (1989年 12月) を受け,集落の再編や小規模町村の合併促進に特例を設け,交通網の整備をはじめ地域リーダーの育成や土地利用の合理化,広域的な地域振興への取組ができるよう環境整備に努めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

小規模町村の関連キーワード田中藩田中藩牛久藩児童手当火力発電案分票土屋政直入江慎也鳥羽藩横須賀藩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小規模町村の関連情報