コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野友五郎 おの・ともごろう

2件 の用語解説(小野友五郎の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

小野友五郎

没年:明治31.10.29(1898)
生年:文化14.10.23(1817.12.1)
幕末の幕臣,明治の官僚,技術者。名は広胖,通称友五郎。常陸国(茨城県)笠間藩士小守庫七の3男で,同藩士小野柳五郎の養子。和算家甲斐駒蔵に師事し,江戸詰を機に和算家長谷川弘に測量術を学び,江川坦庵の推挙で幕府天文方に出仕。安政2(1855)年長崎海軍伝習所1期生となり数学を修め,築地軍艦操練所の教授方出役となる。万延1(1860)年遣米使節随行の咸臨丸に教授方測量方(航海長)として乗務。軍艦奉行木村喜毅にその測量は「かの邦人(米国人)にも愧じざるわざにして,このたび初めて,その比類なきを知れり」と評され,帰国後単独で将軍謁見の栄誉に浴した。軍艦頭取,勘定奉行並などを歴任,明治政府の民部・工部省,鉄道寮に出仕したのち,明治10(1877)年に官を辞し,以降は製塩業の改良に専念した。

(岩下哲典)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野友五郎
おのともごろう
(1831―1898)

幕末・明治初期の技術者。常陸(ひたち)国(茨城県)笠間(かさま)に生まれる。小守庫七の三男で、小野柳五郎の養嗣子(ようしし)となる。初め和算を学び、1852年(嘉永5)幕府天文方手伝となり、1855年(安政2)長崎海軍伝習所に入り、洋算や航海術の伝習を受けた。軍艦操練所が創設されると教授方に任用され、1860年(万延1)には咸臨丸(かんりんまる)に測量方として乗船、アメリカに渡った。1862年(文久2)蒸気船製造を建白、その主任を命ぜられ、「千代田型」蒸気船を完成した。軍艦頭取、軍制掛などを歴任、1866年(慶応2)には軍艦受け取りのため再渡米し、翌1867年勘定奉行並(かんじょうぶぎょうなみ)になった。鳥羽伏見(とばふしみ)の戦いの際は大坂におり、明治維新後罰せられて牢(ろう)に入ったが、1870年(明治3)許され、民部省鉄道掛、ついで工部省出仕となり、鉄道測量に従事した。1877年退官し、その後は民間にあって製塩業に力を尽くした。[菊池俊彦]
『藤井哲博著『小野友五郎の生涯』(1985・中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野友五郎の関連キーワード堀利堅岩瀬広隆伊佐岑満植村正路千原夕田長坂雲在酒井梅斎技術者テッキー小野広胖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小野友五郎の関連情報