小野喬木女(読み)おのの たかきの むすめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野喬木女 おのの-たかきの-むすめ

?-? 平安時代前期の女性。
若くして仏法帰依(きえ)し,僧である兄から観無量寿経などの極楽の要文をまなぶ。文章(もんじょう)博士藤原佐世(すけよ)(847-897)の側室となり,25歳で女子を生み産後に死去。没時に瑞相があらわれ,女性往生者の模範として説話集の題材となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android