コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野泉蔵 おの せんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野泉蔵 おの-せんぞう

1767-1833* 江戸時代後期の漢詩人。
明和4年生まれ。小野櫟翁(れきおう)の弟。儒学を西山拙斎,和歌を慈延(じえん),詩を菅茶山(かん-ちゃざん),頼(らい)山陽にまなぶ。山陽と親交があった。天保(てんぽう)3年閏(うるう)11月17日死去。66歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。名は達(とおる)。号は招月,樗山(ちょざん)。著作に「招月亭詩鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おのせんぞう【小野泉蔵】

1767~1832) 江戸後期の漢詩人。備中の人。名は達、号は招月、泉蔵は字あざな。儒学を西山拙斎に、詩を菅茶山・頼山陽に学んで清朗な詩を作った。著「招月亭詩鈔」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小野泉蔵の関連キーワード中原蕉斎

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android