コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野石根 おのの いわね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野石根 おのの-いわね

?-778 奈良時代の遣唐使。
小野老(おゆ)の子。宝亀(ほうき)7年左中弁兼中衛中将,鋳銭長官のとき遣唐副使となる。大使佐伯今毛人(さえきの-いまえみし)が病のため,大使代行として翌年唐(中国)にむかい,9年長安で代宗謁見。唐使の趙宝英(ちょう-ほうえい)をともなって帰国する途中の同年11月暴風にあい遭難死した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小野石根

没年:宝亀9.11(778)
生年:生年不詳
奈良時代官人小野老の子。天平宝字1(757)年に従五位下に叙せられた。以後,同8年長門守となり,翌年造宮大輔,神護景雲3(769)年近江介,宝亀6(775)年中衛大将を歴任した。宝亀7年遣唐副使に任命されたが,まず風波が整わないとして神を祭る役目をおおせつかった。このあたりから彼の運命は不吉な予感がする。同時に大使の佐伯今毛人が病を理由に大使の職を辞したため,大使代理として船出することになった。翌年無事唐の長安(西安)に到達し任務を果たしたが,帰路風難にあって船が沈没して死去した。悲運の官人。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

小野石根の関連キーワード奈良時代(年表)小野滋野遣唐使喜娘

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android