コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野石根 おのの いわね

2件 の用語解説(小野石根の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野石根 おのの-いわね

?-778 奈良時代の遣唐使。
小野老(おゆ)の子。宝亀(ほうき)7年左中弁兼中衛中将,鋳銭長官のとき遣唐副使となる。大使の佐伯今毛人(さえきの-いまえみし)が病のため,大使代行として翌年唐(中国)にむかい,9年長安で代宗に謁見。唐使の趙宝英(ちょう-ほうえい)をともなって帰国する途中の同年11月暴風にあい遭難死した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小野石根

没年:宝亀9.11(778)
生年:生年不詳
奈良時代の官人。小野老の子。天平宝字1(757)年に従五位下に叙せられた。以後,同8年長門守となり,翌年造宮大輔,神護景雲3(769)年近江介,宝亀6(775)年中衛大将を歴任した。宝亀7年遣唐副使に任命されたが,まず風波が整わないとして神を祭る役目をおおせつかった。このあたりから彼の運命は不吉な予感がする。同時に大使の佐伯今毛人が病を理由に大使の職を辞したため,大使代理として船出することになった。翌年無事唐の長安(西安)に到達し任務を果たしたが,帰路風難にあって船が沈没して死去した。悲運の官人。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野石根の関連キーワード天平宝字安倍黒麻呂阿倍子嶋阿倍嶋麻呂大神奥守巨勢古麻呂多治比家主藤原小湯麻呂山背王李元環

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone