コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中多太麻呂 たなかの ただまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中多太麻呂 たなかの-ただまろ

?-778 奈良時代の官吏。
陸奥守(むつのかみ)兼鎮守副将軍として東北地方の経営にあたる。神護景雲(じんごけいうん)元年(767)胆沢(いさわ)地方(岩手県南部)の蝦夷(えみし)にそなえて伊治(いじ)城をきずいた功で正四位下にのぼる。のち美濃守(みののかみ),右大弁兼出雲守(いずものかみ)。宝亀(ほうき)9年1月11日死去。名は多太万呂ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田中多太麻呂

没年:宝亀9.1(778)
生年:生年不詳
奈良時代官人。名は多太万呂とも書く。天平宝字1(757)年,従五位下に昇り,中衛府の員外少将となる。4年従五位上に昇り,5年11月東海道節度副使。以後,陸奥守,鎮守副将軍など対蝦夷最前線の要職を歴任し,神護景雲1(767)年伊治城(宮城県築館町富野)を築造した功により正四位下に昇る。のち京に戻り4年には民部大輔となり,称徳天皇大葬で御装束司を務めた。のち美濃守,8年再び京に戻って右大弁となり,出雲守を兼任。激動の淳仁,称 徳,光仁3朝を通じて長く東北辺境に任を得ていたために生き延びることができたひとり。

(橋本義則)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

田中多太麻呂の関連キーワード為替の市場介入財政再建派増税派ミニマムアクセス米増える大学数・教員数岩手・宮城内陸地震全国学力調査と結果分析全国学力調査の分析伊福部女王袁晋卿

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android