コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中多太麻呂 たなかの ただまろ

2件 の用語解説(田中多太麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中多太麻呂 たなかの-ただまろ

?-778 奈良時代の官吏。
陸奥守(むつのかみ)兼鎮守副将軍として東北地方の経営にあたる。神護景雲(じんごけいうん)元年(767)胆沢(いさわ)地方(岩手県南部)の蝦夷(えみし)にそなえて伊治(いじ)城をきずいた功で正四位下にのぼる。のち美濃守(みののかみ),右大弁兼出雲守(いずものかみ)。宝亀(ほうき)9年1月11日死去。名は多太万呂ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田中多太麻呂

没年:宝亀9.1(778)
生年:生年不詳
奈良時代の官人。名は多太万呂とも書く。天平宝字1(757)年,従五位下に昇り,中衛府の員外少将となる。4年従五位上に昇り,5年11月東海道節度副使。以後,陸奥守,鎮守副将軍など対蝦夷最前線の要職を歴任し,神護景雲1(767)年伊治城(宮城県築館町富野)を築造した功により正四位下に昇る。のち京に戻り4年には民部大輔となり,称徳天皇の大葬で御装束司を務めた。のち美濃守,8年再び京に戻って右大弁となり,出雲守を兼任。激動の淳仁,称 徳,光仁3朝を通じて長く東北辺境に任を得ていたために生き延びることができたひとり。

(橋本義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中多太麻呂の関連キーワード粟田奈勢麻呂大蔵麻呂巨勢古麻呂昆解沙弥麻呂錦部岡万呂藤原楓麻呂藤原久須麻呂三原王矢集虫麻呂山口佐美麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone