コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野美材 おのの よしき

2件 の用語解説(小野美材の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野美材 おのの-よしき

?-902 平安時代前期の官吏,漢詩人。
小野篁(たかむら)の孫。寛平(かんぴょう)9年従五位下,大内記となる。書にすぐれ,醍醐(だいご)天皇の大嘗会(だいじょうえ)に際し屏風(びょうぶ)歌をかいた。漢詩は「本朝文粋(もんずい)」に,和歌は「古今和歌集」などにおさめられている。延喜(えんぎ)2年死去。通称は野美材。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小野美材

没年:延喜2(902)
生年:生年不詳
平安時代の文人,能書。俊生の子。篁の孫。文章得業生,伊勢少掾,大内記などを歴任,従五位下に至る。書に巧みで,醍醐天皇の大嘗会には悠紀主基屏風の色紙形の清書を命ぜられ,能書として栄誉の大役を果たした。また詩文に長じ,『本朝文粋』や『菅家後集』にその漢詩が,また『古今和歌集』にも2首の和歌が収録されている。

(古谷稔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

小野美材の関連キーワード首都圏の待機児童積水ハウス雲居南詔荘園整理勅旨田小野美材浄蔵醍醐天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone