コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野義真 おの ぎしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野義真 おの-ぎしん

1839-1905 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)10年生まれ。土佐(高知県)宿毛村の大庄屋であったが,維新後新政府につとめ,大蔵少丞をへて土木頭となる。のちに三菱会社にはいり,岩崎弥太郎をたすけた。明治14年日本鉄道会社設立にあたって,発起人のひとりとなった。明治38年5月8日死去。67歳。通称は恭一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小野義真の関連キーワード福地 悟朗小岩井農場明治時代福地悟朗実業家天保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android