コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小金井芦洲(2代) こがねい ろしゅう

1件 の用語解説(小金井芦洲(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小金井芦洲(2代) こがねい-ろしゅう

1848-1908 幕末-明治時代の講談師。
嘉永(かえい)元年8月2日生まれ。初代田辺南竜に入門後,初代小金井芦洲の弟子となる。北馬(ほくば),北洲をへて,18歳で2代芦洲を襲名。明治19年東京講談組合の初代頭取。「日蓮(にちれん)記」「川中島合戦」などを得意とし,修羅場(ひらば)読みの名人といわれた。明治41年5月3日死去。61歳。江戸出身。本名は亀之助

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小金井芦洲(2代)の関連キーワード三月革命ウィーン蜂起監獄法新聞小説カモラガリバルディカルロ・アルベルト共産党宣言第四階級ダールマン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone