コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小金井芦洲(2代) こがねい ろしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小金井芦洲(2代) こがねい-ろしゅう

1848-1908 幕末-明治時代の講談師。
嘉永(かえい)元年8月2日生まれ。初代田辺南竜に入門後,初代小金井芦洲の弟子となる。北馬(ほくば),北洲をへて,18歳で2代芦洲を襲名。明治19年東京講談組合の初代頭取。「日蓮(にちれん)記」「川中島合戦」などを得意とし,修羅場(ひらば)読みの名人といわれた。明治41年5月3日死去。61歳。江戸出身。本名は亀之助

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小金井芦洲(2代)の関連キーワード明治時代講談師嘉永

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android