コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川中島合戦 かわなかじまかっせん

1件 の用語解説(川中島合戦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かわなかじまかっせん【川中島合戦】

講談。《川中島軍功記》《甲越軍記》《誉れの車掛り》などの題名もある。軍談物の代表的作品。武田信玄上杉謙信の有名な信州川中島の対決が題材。幕末~明治期の桃川如燕(燕林)の講談では大戦5度,小ぜり合い122度という。謎の人物山本勘介が活躍し,合戦の場面において軍勢の旗,指物,馬印をとうとうと読みあげる修羅場に特色がある。この合戦記を1806年(文化3)に伊東燕晋は11代将軍徳川家斉の御前で演じたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川中島合戦の関連キーワード絵本太功記川中島川中島の戦い軍記読み軍功軍談信州川中島合戦誉れ伊東燕晋(初代)田辺南竜(初代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川中島合戦の関連情報