川中島合戦(読み)かわなかじまかっせん

世界大百科事典 第2版の解説

かわなかじまかっせん【川中島合戦】

講談。《川中島軍功記》《甲越軍記》《誉れの車掛り》などの題名もある。軍談物の代表的作品。武田信玄上杉謙信の有名な信州川中島対決題材幕末~明治期の桃川如燕(燕林)の講談では大戦5度,小ぜり合い122度という。謎の人物山本勘介が活躍し,合戦の場面において軍勢指物,馬印をとうとうと読みあげる修羅場特色がある。この合戦記を1806年(文化3)に伊東燕晋は11代将軍徳川家斉の御前で演じたといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

川中島合戦
(通称)
かわなかじまのかっせん

※〓は「花」の右に「卯」。
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
甲陽軍〓重
初演
享保12.4(江戸・中村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川中島合戦の関連情報