コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川中島合戦 かわなかじまかっせん

世界大百科事典 第2版の解説

かわなかじまかっせん【川中島合戦】

講談。《川中島軍功記》《甲越軍記》《誉れの車掛り》などの題名もある。軍談物の代表的作品。武田信玄,上杉謙信の有名な信州川中島の対決が題材。幕末~明治期の桃川如燕(燕林)の講談では大戦5度,小ぜり合い122度という。謎の人物山本勘介が活躍し,合戦の場面において軍勢の旗,指物,馬印をとうとうと読みあげる修羅場に特色がある。この合戦記を1806年(文化3)に伊東燕晋は11代将軍徳川家斉の御前で演じたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川中島合戦の関連キーワード小金井 芦洲(2代目)近松門左衛門(年譜)小金井芦洲(2代)中村歌六(初代)近松門左衛門山形県米沢市甲陽軍記物衣笠貞之助五十公野城小金井蘆洲信州打刃物米沢(市)本朝廿四孝春日山城山本勘助村上義清輝虎配膳信濃国馬蹄石浄興寺

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川中島合戦の関連情報