川中島合戦(読み)かわなかじまかっせん

世界大百科事典 第2版の解説

かわなかじまかっせん【川中島合戦】

講談。《川中島軍功記》《甲越軍記》《誉れの車掛り》などの題名もある。軍談物の代表的作品。武田信玄,上杉謙信の有名な信州川中島の対決が題材。幕末~明治期の桃川如燕(燕林)の講談では大戦5度,小ぜり合い122度という。謎の人物山本勘介が活躍し,合戦の場面において軍勢の旗,指物,馬印をとうとうと読みあげる修羅場に特色がある。この合戦記を1806年(文化3)に伊東燕晋は11代将軍徳川家斉の御前で演じたといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川中島合戦の関連情報