小関観三(読み)こぜき かんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小関観三 こぜき-かんぞう

1890-1929 明治-昭和時代前期の軍人。
明治23年生まれ。第一次大戦に少尉として青島(チンタオ)(中国)に従軍。陸軍飛行史上初の空中戦をおこなう。大正9年所沢-京城(朝鮮)間の飛行競技で優勝するなど花形パイロットとして知られた。昭和4年4月18日各務原(かがみがはら)飛行場で指揮中に墜落し殉職。40歳。陸軍中佐。秋田県出身。旧姓大平

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android