コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小関観三 こぜき かんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小関観三 こぜき-かんぞう

1890-1929 明治-昭和時代前期の軍人。
明治23年生まれ。第一次大戦に少尉として青島(チンタオ)(中国)に従軍。陸軍飛行史上初の空中戦をおこなう。大正9年所沢-京城(朝鮮)間の飛行競技で優勝するなど花形パイロットとして知られた。昭和4年4月18日各務原(かがみがはら)飛行場で指揮中に墜落し殉職。40歳。陸軍中佐。秋田県出身。旧姓大平

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小関観三の関連キーワード軍人明治

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android