コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少年ハンス(読み)しょうねんハンス(英語表記)kleiner Hans

世界大百科事典 第2版の解説

しょうねんハンス【少年ハンス kleiner Hans】

S.フロイトによる症例報告《ある5歳の少年における恐怖症の分析》(1909)に登場する少年の名。はじめて子どもに精神分析療法を応用した症例として知られている。ハンスは,馬にかまれるという恐怖のために外出不能となった。そのため,内科医である父親が,フロイトの指導の下に治療を行った。フロイトはハンスの分析を通して,ハンスが母親に対する愛着から,競争相手である父親に敵意を抱き,本来もっていた父への愛情との板ばさみに苦しむが,父への敵意を馬に投影して葛藤を解決しようとしたこと,そしてこのような敵意の投影がハンスの馬恐怖症の発症の心理的機制であることを見いだした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の少年ハンスの言及

【フロイト】より

ドラ)では夢分析と感情転移の問題が論じられ,《症例ハンス》(1909。少年ハンス)は児童精神分析のさきがけであり,《強迫神経症の一症例に関する考察》(1909。ねずみ男)と《ある幼児期神経症の病歴より》(1918。…

※「少年ハンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android