投影

デジタル大辞泉の解説

とう‐えい【投影】

[名](スル)
物の影を平面に映し出すこと。また、その影。
ある物の存在や影響が、他の物の上に現れ出ること。「子供に親の性格が投影される」
数学で、物体に平行光線を当てて、その影を平面上に映すこと。また、その影の図。
心理学で、考え方や行動に心の内面が表現されること。自分の性質を他人の性質にしてしまうこと。投射。→同一視

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうえい【投影】

( 名 ) スル
物の影をある物の上に映すこと。また、映った影。
(比喩的に)ある物事を他に反映させて現し出すこと。 「作者の屈折した心情を-した作品」
〘数〙 平面図形あるいは立体に平行光線を当てて、平面上にその影を映したもの。平行光線が平面(投影面)に垂直なとき、これを正投影、垂直でないとき、斜投影という。
〘心〙
ある状況や刺激に対してなされる解釈・判断・表現などに、心理状態やパーソナリティーが反映されること。
投射とうしや」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐えい【投影】

〘名〙
① 地上・水面などにものの影が映ること。また、その影。
断橋(1911)〈岩野泡鳴〉一一「晴れ渡った天空の藍のもとに、馬上の人は黒く地に投影し」
② 比喩的に、ある物の存在や影響が、他の物の上に具体的な形となって現われること。また、その形。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生東京を去る「自分の内に、世界に投影する何等の価値を持たない者が」
③ 数学で、物体に平行光線をあてて、その影を平面上に写すこと。また、その影の図。平行光線と平面とが垂直のとき正射影、そうでないとき斜投影または斜射影という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の投影の言及

【投射】より

…無意識の作用による自我の防衛機制の一つ。投影ともいう。自分自身の資質,欲求,感情等を認められない,あるいは認めたくないときに,それらのものが自分のものではなく,他の人や物にあるかのように感じとる作用。…

※「投影」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

投影の関連情報