コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投影 トウエイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐えい【投影】

[名](スル)
物の影を平面に映し出すこと。また、その影。
ある物の存在や影響が、他の物の上に現れ出ること。「子供に親の性格が投影される」
数学で、物体に平行光線を当てて、その影を平面上に映すこと。また、その影の図。
心理学で、考え方や行動に心の内面が表現されること。自分の性質を他人の性質にしてしまうこと。投射。→同一視

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

投影

射影」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

とうえい【投影】

( 名 ) スル
物の影をある物の上に映すこと。また、映った影。
(比喩的に)ある物事を他に反映させて現し出すこと。 「作者の屈折した心情を-した作品」
〘数〙 平面図形あるいは立体に平行光線を当てて、平面上にその影を映したもの。平行光線が平面(投影面)に垂直なとき、これを正投影、垂直でないとき、斜投影という。
〘心〙
ある状況や刺激に対してなされる解釈・判断・表現などに、心理状態やパーソナリティーが反映されること。
投射とうしや」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

投影
とうえい

投射」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の投影の言及

【投射】より

…無意識の作用による自我の防衛機制の一つ。投影ともいう。自分自身の資質,欲求,感情等を認められない,あるいは認めたくないときに,それらのものが自分のものではなく,他の人や物にあるかのように感じとる作用。…

※「投影」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

投影の関連キーワード超短焦点プロジェクタープロジェクションTVプロジェクトエリアアクソノメトリック横メルカトル図法ステレオ投影法ステレオ投影等面積投影法ウルフネット地図投影法文章完成法結晶投影法等角投影図多面体図法正射図法平射図法心射図法投射図法中心投影方位図法

投影の関連情報