尚泰久王(読み)しょうたいきゅうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尚泰久王 しょうたいきゅうおう

1415-1460 琉球の国王。第一尚氏王統第6代。在位1454-60。
尚思紹王10年生まれ。尚巴志王(しょうはしおう)の子。王位継承をめぐる内乱(志魯(しろ)・布里(ふり)の乱)ののち即位。琉球にきた京都の僧芥隠承琥(かいいん-しょうこ)に帰依(きえ)して広厳寺,普門寺などおおくの寺院を建立し,梵鐘(ぼんしょう)を寄進した。尚泰久王7年6月5日死去。46歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android