コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広厳寺 コウゲンジ

デジタル大辞泉の解説

こうげん‐じ〔クワウゲン‐〕【広厳寺】

奈良県明日香村にある浄土真宗本願寺派の寺。→向原寺(むくはらでら)

こうごん‐じ〔クワウゴン‐〕【広厳寺】

神戸市中央区にある臨済宗南禅寺派の寺。山号は医王山後醍醐天皇の勅願によって創建と伝え、開山は明極楚俊(みんきそしゅん)。延元元年(1336)楠木正成一族と郎党の自刃した所という。楠寺。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうげんじ【広厳寺】

向原寺こうげんじ 」に同じ。

こうごんじ【広厳寺】

神戸市中央区にある臨済宗の寺。山号は医王山。1332年元僧明極みんきの開山。1336年、楠木正成一族が自刃した所という。楠寺。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の広厳寺の言及

【豊浦寺】より

…奈良県高市郡明日香村にあった古代寺院。浄土真宗の広厳(向原)(こうげん)寺がその後身と伝える。建興寺とも称し,飛鳥寺(法興寺)と並ぶ日本最古の寺院。…

※「広厳寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone