コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尭恕入道親王 ぎょうじょにゅうどうしんのう

2件 の用語解説(尭恕入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尭恕入道親王 ぎょうじょにゅうどうしんのう

1640-1695 江戸時代前期,後水尾(ごみずのお)天皇の第10皇子。
寛永17年10月16日生まれ。京都妙法院の尭然(ぎょうねん)入道親王に師事。慶安3年親王となり,妙法院門跡(もんぜき)をつぐ。天台座主(ざす)を3度つとめ,天台教学の著書を多数のこした。元禄(げんろく)8年4月16日死去。56歳。名は完敏(さだとし)。号は逸堂。著作に「僧伝排韻」「法苑珠林捷径」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尭恕入道親王

没年:元禄8.4.16(1695.5.28)
生年:寛永17.10.16(1640.11.29)
江戸前期の天台宗の僧で,妙法院第34世。諱は完敏,字は体素,逸堂と号す。後水尾上皇の第10皇子。母は園基音の娘の新広義門院国子。幼名は照宮。正保4(1647)年12月尭然入道親王の資となり妙法院に入室,慶安3(1650)年2月親王宣下を受け,8月に得度,次いで妙法院を相続した。寛文3(1663)年,延宝4(1676)年,同7年と3度天台座主を勤めた。元禄4(1691)年,寺内に鉄竜庵を建てて移り,同6年隠居の勅許をうけ獅子吼院と号した。天台教義に精通し,教義の研究や経典,史伝などの講習に努め,また多くの編著書を残している。詩文や画技,花道にも優れた才を持った。寛文3年から元禄8年までの日記『逸堂座主日次記』は当時の社会・文化史の好史料となっている。<著作>『智者大師別伝新解』『五部大乗経捷径録』『法苑珠林捷径』『僧伝排韻』『逸堂集』<参考文献>妙法院史研究会編『妙法院史料』1巻3号,和田英松『皇室御撰之研究』,村山修一「妙法院門跡尭恕法親王とその時代」(『史林』56巻4号)

(岡佳子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尭恕入道親王の関連キーワード田村徳海百如慈芳妙法院宮尭恭法親王妙法院宮尭仁法親王妙法院宮教仁法親王妙法院宮真仁法親王普門円通孝暢妙法院尭然入道親王

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone