コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尺度構成 しゃくどこうせいscaling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尺度構成
しゃくどこうせい
scaling

行動の数量的記述や予測のために感覚尺度,態度尺度あるいは知能や性格の尺度を構成すること。被験者に刺激や質問あるいは課題を与え,その応答についていくつかの仮定や基準を設けることによって,刺激の感覚尺度値や質問の難易度を求めたり,被験者の個人差を数量化したりする。尺度構成法として,一対比較法継時間隔法,マグニチュード推定法,順位法,多肢選択法などがある。得られた尺度値に許容される演算や統計処理の種類によって,名義尺度順序尺度距離尺度比率尺度などが区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

尺度構成の関連キーワードスティーブンズ(Stanley Smith Stevens)S.S. スティーブンススティーブンズ多次元尺度法サーストン法等現間隔法精神測定法尺度分析項目分析べき法則序列尺度品等法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尺度構成の関連情報