継時間隔法(読み)けいじかんかくほう(英語表記)successive intervals method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「継時間隔法」の解説

継時間隔法
けいじかんかくほう
successive intervals method

L.L.サーストンによる精神測定法の一種。一つの事象に対する賛成反対,大小など二分法的な態度や感覚の測定を行う際にその程度をいくつかの継時的な段階 (カテゴリー,間隔など) に分けて評定頻度を求める方法。系列間隔法ともいう。評定の対象や段階の境界が正規分布型の変動をしていると仮定してデータを処理し尺度値を求める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android