コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尼崎りや あまがさき りや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尼崎りや あまがさき-りや

1677-1755 江戸時代中期の女性。
延宝5年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩の足軽の娘。2歳のとき,父が同僚の岩淵(いわぶち)伝内に殺され,母もついで病没。江戸で剣法を永井源助にまなび,宝永2年父の仇(かたき)を討つ。のち丸亀藩主京極高或(たかもち)に高或の姉の付き人としてとりたてられ,永井局(つぼね)とよばれた。宝暦5年死去。79歳。名は里也ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尼崎りやの関連キーワードリスボンフルカラーバークリー忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android