コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上菊五郎(7代) おのえ きくごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上菊五郎(7代) おのえ-きくごろう

1942- 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者。
昭和17年10月2日生まれ。7代尾上梅幸の長男。富司純子(ふじ-すみこ)の夫。昭和23年初舞台。父の芸を継承し,女方をつとめ,48年7代尾上菊五郎を襲名。以後,江戸世話物の立役(たちやく)で活躍。62年芸術院賞。平成12年芸術院会員。15年歌舞伎立役で人間国宝。21年「小町村芝居正月」「魚屋宗五郎」などの成果で毎日芸術賞。東京出身。森村学園高卒。本名は寺嶋秀幸。初名は5代尾上丑之助。前名は4代尾上菊之助。屋号は音羽屋

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尾上菊五郎(7代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android