コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎喜久 おざき きく

1件 の用語解説(尾崎喜久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎喜久 おざき-きく

1872-1953 明治-昭和時代,尾崎紅葉(こうよう)の妻。
明治5年生まれ。もと備中(びっちゅう)(岡山県)新見(にいみ)藩の漢方医樺島玄周の娘。明治24年結婚,36年紅葉と死別し,4人の子供をかかえ生活にくるしむ。戦時中,千葉県下で苦境にあった際には,菊池寛や志賀直哉(なおや)らの援助をうけた。昭和28年1月21日死去。81歳。東京出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尾崎喜久の関連キーワード単層原子力産業育英制度砥石ダットサンDB-5型日野ルノー PA型日本自由党内灘事件吉田茂内閣ラジオ放送

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone