コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎喜久 おざき きく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎喜久 おざき-きく

1872-1953 明治-昭和時代,尾崎紅葉(こうよう)の妻。
明治5年生まれ。もと備中(びっちゅう)(岡山県)新見(にいみ)藩の漢方医樺島玄周の娘。明治24年結婚,36年紅葉と死別し,4人の子供をかかえ生活にくるしむ戦時中,千葉県下で苦境にあった際には,菊池寛志賀直哉(なおや)らの援助をうけた。昭和28年1月21日死去。81歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾崎喜久の関連キーワード尾崎紅葉昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android