コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾張真之介 おわり しんのすけ

1件 の用語解説(尾張真之介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾張真之介 おわり-しんのすけ

1892-1973 大正-昭和時代の出版経営者,歌人。
明治25年1月2日生まれ。大正2年講談社に入社。「少年倶楽部(クラブ)」などの編集長をつとめ,昭和21年専務となる。東京出版販売(現トーハン)会長,日本出版団体連合会の初代会長をつとめる。尾上柴舟(さいしゅう)の門下で潮光短歌会を主宰した。昭和48年4月20日死去。81歳。千葉県出身。東洋大卒。号は穂草(すいそう)。歌集に「潮光」「くろはえ」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尾張真之介の関連キーワードポセイドン大林組(株)岸沢式佐あべ静江誠直也バビル2世自動車工業造船業中南米映画扶養義務

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone