コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾形多五郎 おがた たごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾形多五郎 おがた-たごろう

1849-1924 明治-大正時代の農業指導者。
嘉永(かえい)2年8月17日生まれ。村尾篁山(こうざん)に師事し,上京して駒場農学校でまなぶ。帰郷後,香川県農談会会長,安原村初代村長,愛媛県,香川県の県会議員をつとめる。養蚕,畜産を振興し,副業の麦稈真田(ばっかんさなだ)づくりをすすめた。大正13年12月31日死去。76歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尾形多五郎の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)伊藤大輔清水宏山本嘉次郎日本の医学史(年表)クールベ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone