コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾道市 おのみち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾道〔市〕
おのみち

広島県南東部,尾道水道に面する市。沼隈半島の一部と向島因島生口島,高根島などを含む。 1898年市制。 1951年深田村の一部,1954年美ノ郷村,木ノ庄村,原田村の3村,1955年高須村,西村,百島村の3村,1957年浦崎村,1970年向東村,2005年御調町,向島町,2006年因島市,瀬戸田町をそれぞれ編入。中心市街地の尾道は,平安時代備後国太田荘の船津倉敷地になったことに始まり,室町時代は明,朝鮮との貿易港として繁栄。江戸時代は広島藩の保護のもとに九州,四国のほか遠く山陰,北陸から北海道への西廻海運の一拠点となり,港町として隆盛をきわめた。因島は室町から戦国時代にかけ,村上水軍 (→村上氏 ) の根拠地。 1900年代初頭からは造船業を中心に発展し,近年は商港としての実績をいかした卸・小売業が盛ん。船具の錨 (いかり) と推進機の生産は全国有数。松永湾岸の埋立地では工業開発も進んでいる。島嶼部では海産物の加工生産のほか,温暖な気候をいかした柑橘類の栽培が盛んで,全国有数の産地。作家志賀直哉林芙美子,歌人中村憲吉ゆかりの地。市街地背後の山腹には浄土寺,西国寺,千光寺,持光寺,天寧寺などの名刹があり,浄土寺の本堂,多宝塔は国宝に,庭園は国の名勝に指定され,持光寺には国宝の普賢延命像の画幅が所蔵されている。また,生口島にある向上寺の三重塔は国宝に,光明坊の十三重塔は国の重要文化財に指定。「西の日光」と呼ばれる耕三寺は十数点の国指定登録有形文化財を保有するなど,名所が点在する。市域の一部は瀬戸内海国立公園に属する。本州四国連絡橋の西瀬戸自動車道 (尾道-今治ルート) ,JR山陽本線,国道2号線が通じる。面積 285.09km2。人口 13万8626(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おのみち‐し〔をのみち‐〕【尾道市】

尾道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

尾道市の関連キーワード広島県尾道市木ノ庄町木梨山方広島県尾道市美ノ郷町猪子迫広島県尾道市木ノ庄町木門田広島県尾道市美ノ郷町本郷広島県尾道市美ノ郷町中野広島県尾道市美ノ郷町白江広島県尾道市御調町大山田広島県尾道市御調町下山田広島県尾道市御調町三郎丸広島県尾道市木ノ庄町木梨広島県尾道市御調町貝ケ原広島県尾道市御調町丸門田広島県尾道市原田町梶山田広島県尾道市木ノ庄町市原広島県尾道市美ノ郷町三成広島県尾道市御調町丸河南広島県尾道市御調町仁野広島県尾道市御調町中原広島県尾道市御調町野間広島県尾道市原田町小原

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾道市の関連情報