コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾関勇右衛門 おぜき ゆうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾関勇右衛門 おぜき-ゆうえもん

1836-1909 明治時代の機業家。
天保(てんぽう)7年生まれ。生地の美濃(みの)上中屋村(岐阜県各務原(かがみはら)市)で紋をおりだす紋縮緬(ちりめん)の技術改良につとめる。明治26年ジャカード機を導入し,紋羽二重の生産に成功,特産品とした。明治42年死去。74歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾関勇右衛門の関連キーワード牧野省三マッキム・ミード&ホワイトビュヒナー(Karl Georg Büchner)[各個指定]工芸技術部門伊藤博文グリフィススバル安井息軒(やすいそくけん)レオポルド2世郡内騒動

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android