局部照明(読み)きょくぶしょうめい(英語表記)local lighting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

局部照明
きょくぶしょうめい
local lighting

特定の対象物を最適の方向から照明する方法。室内全体を均等の照度とする全般照明 (均一照明) に比べて,希望の方向から希望の照度が得られ,照明の効果をあげる利点がある。また照明率が高いので電力費が少くてすむ。留意点としては,室内の仕事に応じて照明器具の種類が多くなりがちになる,明部と暗部コントラストが強くなりがちになる,書類が光って読みにくくなりがちになるなどである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の局部照明の言及

【照明】より

…また,体育館や屋外スポーツ施設では,蛍光水銀灯(水銀灯の管内面に蛍光体を塗布して光色,効率を改善したランプ),またはメタルハライドランプと高圧ナトリウムランプとの混光照明(俗にカクテル照明)が流行している。 照明方式別には,部屋全体を照らす全般照明,作業個所を手もとから照らす局部照明,両者の併用照明,ベンチ作業などに好適な局部的全般照明がある。とくに店舗では,商品を目だたせて購買意欲をそそり,インテリアとの調和を考えて,ベース照明,重点照明,装飾照明などと呼称する。…

※「局部照明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android