コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居合抜き イアイヌキ

デジタル大辞泉の解説

いあい‐ぬき〔ゐあひ‐〕【居合抜き】

居合」に同じ。
薬などを売るために居合を演じて見せた大道芸。江戸初期から行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いあいぬき【居合抜き】

居合 」に同じ。
居合を見世物にして、薬などを売った大道商人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

居合抜き
いあいぬき

武術の居合術が見せ物化したもの。太平の時代に武術一般が見せ物化したなかで、長い刀を気合いとともに抜き放つ居合抜きがことに人気を集め、寛文(かんぶん)(1661~1673)ごろから浪人者によって始められた。これに目をつけた越中(えっちゅう)(富山)出身の反魂丹(はんごんたん)売りの香具師(やし)松井一家が、薬売りの人集めに居合抜きを見せるようになったのは元禄(げんろく)・宝永(ほうえい)(1688~1711)のころであった。享保(きょうほう)(1716~1736)の松井源左衛門や松井源水の代々が有名で、源水はのちには曲独楽(きょくごま)を演じた。江戸・浅草奥山の源水に対し、蔵前を本拠にした長井兵助も歯みがき粉を売る人寄せに居合抜きを見せ、明治まで5代の名を伝えた。[織田紘二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の居合抜きの言及

【居合】より

…それに加えて安価な居合練習刀が普及したことなどにより,子どもや女性の愛好者も加わって居合道人口は急激に増加した。【中林 信二】
[居合抜き]
 江戸の太平期に入り,居合が見世物化した大道芸。元禄・宝永(1688‐1711)のころ富山の反魂丹売(はんごんたんうり)の香具師(やし)松井一家が,人寄せに居合抜きを演じた。…

【松井源水】より

…松井家の元祖玄長は,越中礪(砺)波(となみ)の出身で,霊薬反魂丹(はんごんたん)を創製し,2代目道三のときに富山袋町に移住して,武田信玄から売薬御免の朱印を受けた。延宝・天和(1673‐84)のころに,4代目玄水が江戸へ出て反魂丹を売りはじめたが,その宣伝,販売のために,箱枕をいろいろと扱う曲芸〈枕返し〉や居合抜きなどを演じた。享保(1716‐36)ごろには,居合抜きのほか曲独楽(きよくごま)(独楽)を演ずるようになり,将軍家重の浅草寺参詣のおりには上覧に供して御成(おなり)御用の符を拝領した。…

※「居合抜き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

居合抜きの関連キーワード「陣中膏ガマの油売り」の口上『座頭市』シリーズ松井源水(4代)三遊亭 柳枝勝新太郎長井兵助大道商人松井源水片山久安薬売り香具師綱渡り見世物伯耆流座頭市言立て曲芸源水芸人

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android