コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居徳(いとく)遺跡 いとくいせき

知恵蔵の解説

居徳(いとく)遺跡

1998年、高知県土佐市で発見。約2500年前(縄文晩期)以前の木製農耕具、赤漆塗り円盤、おびただしい戦傷人骨などが見つかって、注目されていた。2003年初め、同人骨は約3200年前(縄文後期)にさかのぼる可能性があり、しかも金属器による傷跡だとの科学的調査結果が打ち出された。通説を塗り替える縄文戦争の実態が、より明確になった。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

居徳(いとく)遺跡の関連キーワード高知県土佐市高岡町乙

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

居徳(いとく)遺跡の関連情報