コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈傷性 くっしょうせいtraumatotropism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屈傷性
くっしょうせい
traumatotropism

植物の芽生えに傷を与えたとき,芽生えが屈曲して伸長方向が変る現象。側面に傷を与えた場合,芽の先端では傷の方向へ (正の屈傷性) ,根では傷の反対の方向へ (負の屈傷性) ,屈曲が起る。機構の説明としては,傷によって伸長ホルモンであるオーキシンの流通が妨げられ,その濃度が低くなるので,芽ではその側面の伸長が相対的に遅くなり,根ではオーキシンが低濃度となって,かえって根の伸長の至適濃度に近づくためとされる。したがって伸長方向に沿って縦方向に傷を与えたのでは,屈曲は生じない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

屈傷性の関連キーワード屈性

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android