コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈撓 クットウ

デジタル大辞泉の解説

くっ‐とう〔‐タウ〕【屈×撓】

[名](スル)かがみたわむこと。また、屈服すること。
「百難を犯すも、―することを知らざる、勁剛(けいごう)の天性」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くっとう【屈撓】

( 名 ) スル
かがみたわむこと。しなうように曲がること。また、屈服すること。くつにょう。 「松樹の些も-せずして生長し/日本風景論 重昂

くつにょう【屈撓】

( 名 ) スル
〔「にょう」は呉音〕
くっとう(屈撓) 」に同じ。 「少しも-せざる勇気を保つてゐらるる事と自身を説得した/罪と罰 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

屈撓の関連キーワード働・僮・動・同・堂・導・撓・撞・洞・獰・瞠・瞳・童・胴・道・銅馬術競技用語日本風景論伝動ロープ床固め工正正魯庵呉音蛇籠撓屈聳直沈床欹斜

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android