屏居(読み)へいきょ

精選版 日本国語大辞典「屏居」の解説

へい‐きょ【屏居】

〘名〙
を退いてこもること。退隠すること。
※童子問(1707)下「若達磨、慧能臨済雲門之徒、彼素居山林、謝絶人事」 〔史記‐魏其侯伝〕
一室にこもること。
※春窓綺話(1884)〈高田早苗・坪内逍遙・天野為之訳〉一四「一日も巖窟に屏(ヘイ)居せざるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「屏居」の解説

へい‐きょ【×屏居】

[名](スル)
世間から引退し、家にこもっていること。隠居。「公職を辞して屏居する」
一室にこもっていること。「終日屏居して過ごす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android