コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屛風ヶ浦 びょうぶがうら

世界大百科事典 第2版の解説

びょうぶがうら【屛風ヶ浦】

千葉県北東部,銚子市と飯岡町の間にある海食崖。高さ40~50mの断崖が,東の外川(とがわ)から西へ犬若,名洗(なあらい)を経て西端の刑部(ぎようぶ)岬まで約10kmもつづく。断崖の下部は第三紀層の凝灰岩,その上は成田層の砂層,上部は関東ローム層からなり,3層の色彩と黒潮の海との対照が鮮やかで雄大な景観を示している。犬若~名洗間の断崖の下の埋立地には,名洗港と臨海工業地が造成され,マリーナの建設も1999年完成予定で進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の屛風ヶ浦の言及

【海岸浸食】より

…軟質の堆積岩でできている海崖は,波による基部の浸食と風化作用により一方的に後退する。このような海食崖は全国各地にみられるが,千葉県の屛風ヶ浦が有名であり,高さ約50mに達する崖が年平均約1mの速さで後退してきた。もっとも見方を変えれば,海食崖は隣接海岸に土砂を供給しているともいえる。…

※「屛風ヶ浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屛風ヶ浦の関連キーワード犬吠埼