山上の十字架

デジタル大辞泉プラス「山上の十字架」の解説

山上の十字架

ドイツロマン派の画家カスパール・ダヴィド・フリードリヒ絵画(1807-1808)。原題《Das Kreuz im Gebirge》。夕陽にした山上十字架を描いたもの。祭壇画として制作されたが、宗教画と風景画を混同していると批判され、「ラムドール論争」を引き起こした。ドレスデン国立絵画館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「山上の十字架」の解説

さんじょうのじゅうじか〔サンジヤウのジフジカ〕【山上の十字架】

《原題、〈ドイツ〉Das Kreuz im Gebirgeフリードリヒの絵画。カンバス油彩夕空背景に、山上の十字架を描いたもの。祭壇画として制作されたが、宗教画と風景画を混同していると批判され、「ラムドール論争」を引き起こした。ドレスデン国立美術館所蔵。テッチェン祭壇画。山の上の十字架。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android