コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下西涯 やました せいがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下西涯 やました-せいがい

1750*-1802 江戸時代中期-後期の儒者。
寛延2年12月16日生まれ。赤松滄洲(そうしゅう)にまなぶ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩につかえ,藩主森忠哲(ただあきら)の侍講をつとめた。享和2年8月5日死去。54歳。播磨出身。名は世幹。字(あざな)は子礼。通称は官弥。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山下西涯の関連キーワードハーシェル(Sir Frederick William Herschel(1738―1822))ザンド朝聖ミヒャエリス教会トーマス教会ウェールズ文学怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)華岡青洲ヒッタイトヒッタイト美術ルソー(Jean-Jacques Rousseau)

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android