コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中古洞 やまなか こどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中古洞 やまなか-こどう

1869-? 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治2年7月10日生まれ。月岡芳年(よしとし),熊谷直彦らにまなび,人物画を得意とした。明治28年内国勧業博覧会に出品。烏合(うごう)会,国画玉成会などに参加。また新聞,雑誌に挿絵や口絵をえがいた。昭和16年(1941)「挿絵節用」をあらわす。東京出身。旧姓は佐藤。本名は升(のぼる)。作品に「遠征を想ふ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山中古洞の関連キーワード池田輝方