コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中宗古 やまなか そうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中宗古 やまなか-そうこ

1692-1754 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)5年生まれ。大坂の鴻池(こうのいけ)家の婿となり,のち分家。享保(きょうほう)4年三宅石庵の門にはいる。9年中村良斎,富永芳春,長崎克之,吉田盈枝とともに,いわゆる五同志のひとりとなり,漢学塾懐徳堂を創立して,石庵を学主にむかえた。宝暦4年2月6日死去。63歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は宗房。通称は鴻池又四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山中宗古の関連キーワード儒者

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android