コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中宗古 やまなか そうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中宗古 やまなか-そうこ

1692-1754 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)5年生まれ。大坂の鴻池(こうのいけ)家の婿となり,のち分家。享保(きょうほう)4年三宅石庵の門にはいる。9年中村良斎,富永芳春,長崎克之,吉田盈枝とともに,いわゆる五同志のひとりとなり,漢学塾懐徳堂を創立して,石庵を学主にむかえた。宝暦4年2月6日死去。63歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は宗房。通称は鴻池又四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山中宗古の関連キーワード儒者

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android