コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富永芳春 とみなが ほうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富永芳春 とみなが-ほうしゅん

1684-1740* 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)元年7月15日生まれ。富永仲基(なかもと),荒木蘭皐(らんこう)の父。家は代々大坂の醤油(しょうゆ)醸造業者。五井持軒(じけん),三宅石庵(せきあん)にまなぶ。享保(きょうほう)9年好学の町人五同志のひとりとして,庶民のための学問所懐徳堂の創設にかかわり,自分の隠居所を提供した。元文4年12月14日死去。56歳。名は徳通。通称は道明寺屋吉左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富永芳春の関連キーワード加藤景範山中宗古貞享儒者

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android