コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中為綱 やまなか ためつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中為綱 やまなか-ためつな

1613-1682 江戸時代前期の武士。
慶長18年生まれ。伊勢(いせ)津藩士。正保(しょうほ)2年一志(いちし)の郡奉行となり,灌漑(かんがい)用水の高野井を開削。また低湿地を改良し土地造成につくした。著作に地誌「勢陽雑記」など。天和(てんな)2年11月6日死去。70歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は小西。通称は兵助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山中為綱の関連キーワードロマノフ朝ロマノフ朝クライアーロマノフ朝ハインリヒ・ユリウスベトレンミハイル・ロマノフミーレフェルト回想録コーク(Sir Edward Coke)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android