コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中為綱 やまなか ためつな

1件 の用語解説(山中為綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中為綱 やまなか-ためつな

1613-1682 江戸時代前期の武士。
慶長18年生まれ。伊勢(いせ)津藩士。正保(しょうほ)2年一志(いちし)の郡奉行となり,灌漑(かんがい)用水の高野井を開削。また低湿地を改良し土地造成につくした。著作に地誌「勢陽雑記」など。天和(てんな)2年11月6日死去。70歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は小西。通称は兵助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山中為綱の関連キーワードクライアー顧炎武顧炎武ベルサイユ宮殿増田与兵衛鉄眼浮世草子楠流智積院水口藩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山中為綱の関連情報