コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山内壮夫 やまのうち たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内壮夫 やまのうち-たけお

1907-1975 昭和時代の彫刻家。
明治40年8月12日生まれ。昭和4年国画会展に「女の首」が入選し,のち同人となる。14年新制作派協会彫刻部の創立に参加し,以後同会を舞台に活動。長崎国際文化会館の「平和の母子像」や「夕張市労働会館外壁浮彫」などの屋外作品で知られる。昭和50年4月11日死去。67歳。北海道出身。東京高等工芸(現千葉大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山内壮夫の関連キーワード昭和時代彫刻家

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android